復縁の基礎知識

【復縁にLINEは必須!】送る内容やタイミング、長続きの秘訣・注意点を紹介!

どうも、R(アール)です。

今回は「復縁するのに必要不可欠なLINEの効果的な活用方法」をご紹介していきます。

いざLINEしようとするけど、何を送ればいいんだろう」

「どうしても自分から連絡する勇気がでない…」

「LINEがずっと続いているけど、一旦やめたほうがいいのか、このまま続けたほうがいいのかな。」

私が復縁の相談にのっていると、このようなLINEについての質問が多いです。

たしかに復縁においてLINEは重要なツールです。

また、うまく活用できるかどうかはその人次第です。

LINEの使い方を間違えると、復縁は遠のいてしまうリスクもあります。

逆にうまく使うことが出来たら、復縁の可能性を高めることができます。

つまり、LINEはリスクのあるツールなのです。

そこで今回は、「復縁においてのLINEの活用術&トリセツ」をお伝えしていきます。

【LINEはどんなときに使えばいいの?】
復縁におけるLINEの3つの使い方

LINEは復縁において、以下の3つの使い方をすることで、その効果を最大限活用することができます。

①元恋人との仲を深める
②食事やデートの約束をする
③定期的な近況報告

この3つの使い方をすることで、復縁の可能性をグンと高めることができます。

そこで、上記の①~③について、もう少し詳しく見ていきましょう。

①元恋人との仲を深める

LINEのは元恋人との仲を深めるために必須のツールです。

復縁するまでには、もともと付き合っていた頃よりも2人の仲を深くして、「やっぱりこのの人じゃなきゃだめだ」と相手が思ってくれるようにアプローチすることが大切です。

そうなるためには、定期的に連絡をとって、相手の相談を聞いたり、時にはご自身の悩みを相談したりすることが大切です。

そのため、現代の連絡手段であるLINEは、元恋人との関係を深めるために必要不可欠なツールなのです。

②食事やデートの約束をする

復縁を達成するには、相手と会うことが大切です。

告白をしたり、お互いの大切さを再認識するためには、やはりLINEや電話だけでは不十分です。

ただ、会う約束をする手段としては、やはりLINEが必要不可欠です。

そのため、LINEは食事やデートなど、会うための約束をする上でも大切なツールです。

③定期的な近況報告

復縁する上で意識していただきたいことの一つに、

相手の記憶の中であなたの存在が薄れないようにすること

があります。

つまり、元恋人が頭のどこかで常にあなたのことを考える環境づくりが大切です。

逆に、長期間連絡などをしないことで、相手の記憶の中であなたの存在が薄れてしまうと復縁の可能性はガクンと下がります。

そのため、LINEで定期的に連絡して、お互い近況報告することで、相手の記憶からあなたの存在が薄れてしまうのを防ぐことができます。

そのため、LINEは必要不可欠なツールなのです。

【LINEをブロックされている方へ】

LINEがブロックされている方はまずそれを解除してもらうことに集中しましょう。

LINEがブロックされていると、相手とつながったり、アプローチしたりすることがまったくできません。

そうなると復縁の可能性は一気に下がります。

そのため、まずは解除してもらうことを優先しましょう。

LINEがブロックされている方は以下の記事で、解除してもらう方法を解説しているので、必ず読んでくださいね。

>>LINEのブロックを確実に解除してもらう方法はこちら

【LINEはどんなことを送ればいいの?】
スムーズに送れて、続けられるLINE内容

相談にのっていて、1番多いLINEの質問はこれです。

「送る内容がわからない。」

これは誰しもがぶつかる最初の壁です。

もちろん、いきなり「もう一回付き合いたい!」などと言ったら、相手は離れてしまい、最悪の場合は、ブロックされてしまいます。

いきなり、告白する人なんているの?

と思うかもしれませんが、復縁を急いでしまう人は、やってしまいがちです。

すぐに復縁を迫ってしまいます。

私が相談にのってきた人たちの中でも、元カレ・元カノへの感情がおさえきれず、すぐに気持ちを伝えてしまう人が多数いらっしゃいます。

もちろん、私自身も同じ過ちを犯したことはあります。

案の定、大失敗でした。

つまり、自分自身の経験と相談にのってきた人の実体験から、「LINEでいきなり気持ちを伝えること」は逆効果であると言えます。

では、実際にどんな話題がいいのか具体的に見ていきましょう!

①お互いの近況報告

まず、オーソドックスな内容としては、近況報告です。

つまり、簡単に言えば以下の内容です。

■相手の仕事の調子

例)久しぶり!最近仕事順調?

■相手の体調(健康面)の調子

例)久しぶり!最近元気?

■相手の趣味の調子

例)久しぶり!最近テニスやってるの?

基本的に、別れてから一定期間(3~5ヶ月)が経過していれば、LINEなどはブロックされていないかぎり、返信がくることが多いです。

そのとき、上の部分で紹介したような内容を送ったことに対して、相手は不快に思うことは少ないです。

仕事や体調、スポーツなどの趣味に関しては、会話の始まり方としては自然で、そのあとスムーズに展開しやすいです。

しかし、ここでいきなり「新しい恋人できた?」など聞いたり、突っ込んだ質問をしたりシないようにしてください。

つまり、俗に言われるデリカシーがない質問や、相手があまり言いたくないと思われることに関しては聞かないようにすることが大切です。

イメージとしては、表面的な付き合いの人に送る感覚で最初はOKです。
相手に、復縁したいと思わせないことが大切です。
フランクに行きましょう。

そこで、会話が早めに終わって、LINEが切れてもぜんぜん問題ありません。

②共通の趣味

私が1番おすすめするのは、共通の趣味の話題でLINEを切り出すことです。

例えば、以下のような話題がおすすめです。

・2人が共通して好きなミュージシャンのライブの話

・2人とも好きな映画の話

・2人とも好きなスポーツの話

元恋人との間に何かしらの共通の趣味がある人の方が多いと思います。

そのような方は、共通の趣味をきっかけに会話を拡げましょう。

また、お互いが好きな歌手などがいたら、そのライブなどに後々誘うこともできます。

※最初のLINEの段階で誘うのはNGです。

とにかく、共通の趣味がある人は、それを活かして、会話を広げるようにしましょう。

また、最初にご紹介した「近況報告」のあどに共通の趣味に話を変えていくことで、LINEをスムーズに続けやすくなります。

③相談を持ちかける

3つ目は、相談をもちかける作戦です。

相手の得意分野を知っていたら、それに関連した相談をするようにしてみましょう。

たとえば、元カレがいて、その人が不動産会社関連だったとしたら

「引っ越し考えてんだけど、タイミング的にいつが1番いいのかな?」

みたいな感じです。

基本的に、自分が詳しいことについて人は話したがります。

そのため、得意分野の知識があれば、その話題について質問したり、相談してみましょう。

また、相談したあとは

「ありがとう!さすがだね!」

とほめるようにしましょう。

しかし、長文は気をつけてください。

あからさまに褒めると、相手は怪しく思います。

「さらっと」褒めてあげることが大切です。

また、そこで相手のリアクションがよければ、お礼をかねてちょっとした食事に誘うこともできます。

そのため、相談系の切り口でLINEを送るのもおすすめです。

【最初のメッセージが大切!】
短く・シンプルなメッセージを心掛ける。

相談者にLINEの内容を見せてもらうことが多いのですが、返信が来なかったり、長続きしない人に共通することがあります。

それは、

メッセージが長すぎること

です。

つまり、一回のメッセージをていねいに送りすぎているということです。

長い人はスマホ表示で、ひとつの吹き出しのなかに4~5行のメッセージを送っている人もいます。

相手からすると、別れた恋人からひさしぶりにLINEがきたときに長文だと、それだけで「うっ」と引いてしまいます。

また長いメッセージは、

「読むのがめんどくさい」

「返すのがめんどくさい」

と思う人も多いです。

そのため、1つの吹き出しで、2行程度でおさまるように調整しましょう

【いつ送ればいいの?】
返信率が高い3つのタイミング

相談にのっていてLINEに関して2番目に多い質問が

いつLINEを送ればいいですか?

というものです。

そこで、これまでの経験から返信率が高いタイミングを3つご紹介します。

①休日の朝~夕方
②平日の朝・夜
③誕生日などのイベント

①休日の朝~夕方

一番は休日の朝~夕方です。

仕事で疲れていると、次の日の朝~夕方はお家でゆっくりしたいという方が多いです。

ただ、夜からは友人と飲みに行ったり、食事に行ったりする方が多いので返信は返ってきにくいです。

そのため、休日の朝に送ってみることで、返信率が高くなります。

②平日の朝・夜

平日は朝と夜が返信が返ってきやすいです。

つまり、通勤の行きと帰りを狙うということです。

ただ、人によっては朝にLINEなどを返す人もいれば、夜に返す人もいるので、何回かやりとりを通して、どちらの方が多いか分析してみることは大切です。

③誕生日などのイベント

あとは、相手の誕生日などのイベントに送ってあげるのもおすすめです。

これは、とても自然なLINEになるため、良いです。

しかし、基本的に相手の誕生日の日は、他の友達や同僚に祝ってもらっていたり、他の人からもLINEやメール、電話がたくさん届いていることが多いです。

そのため、いくら元恋人のLINEとはいえ、他の人のメッセージに埋もれてしまって、あまり意味がないことが多いです。

連絡をすることの目的のひとつは、相手に自分を認識させ直したり、思い出させたりすることです。

そのため、相手の印象に残りたいのであれば、少しずらしてメッセージを送ることをおすすめします。

あえて、誕生日の次の日などに送るのも選択肢の一つです。

「忘れていた」と思われて嫌われるんじゃないかと思うかもしれませんが、相手はそこまで気にしていませんし、他の人のメッセージに埋もれるよりは効果的です。

また、メッセージの内容が重くなりすぎないように注意しましょう。

特に、

「産まれてきてくれてありがとう」

「出会ってくれてありがとう」

などは、送っている側からすれば、満足するかもしれませんが、送られている側からしたら、少し重く感じてしまいます。

そのため、

「お誕生日おめでとう!楽しい1年を!」

みたいな感じでフランクに送ることをおすすめします。

【LINEはどのくらい続けていいの?】
LINEを続ける期間と見極め方

相談にのっていてLINEに関して3番目に多い質問が

LINEを続ける長さや期間

に関してです。

これに関しては、「無理につづけない」ということが大切です。

もし、共通の趣味などで会話が続いているようであれば、そのまま続けて良いと思います。

でも、会話が切れたり、一段落したりしたら、一旦終わらせるようにしましょう。

その理由は2つあります。

余計なことを言ってしまう

LINEを無理に続けることで、余計なことを聞いたり、言ってしまったりします。

例えばさっき触れた

「新しい恋人できた?」

などの質問や、最初に挙げた

「自分の気持をいきなり伝える」

などの行動に走ってしまいがちです。

そのため、自分をおさえるためにも、LINEは無理に続けすぎないほうがいいのです。

無理に続ける=相手の時間を奪う

内容がない会話は相手の時間を奪い、相手の心を不快にさせます。

基本的には相手は忙しいと思ったほうがいいです。

そのため、意味のない会話を続けすぎると、相手はだんだんめんどくさく感じ、ひどいときはブロックしたり、既読無視したりすることもあります。

また、一回ついた悪い印象やめんどくさい印象はなかなか消えません。

そのため、内容のない会話は続けすぎないようにしましょう。

LINEを真夜中に送ることは絶対にやめる

みなさんも経験があると思いますが、夜になるとネガティブな考えになりやすいです。

感傷的になったり、急に辛くなったりすると思います。

そのようなときに復縁を目指している相手にLINEを送るのは絶対にやめましょう。

これは、復縁を遠ざけてしまう大きな原因になります。

また、夜にLINEを送ってしまうよくある内容としては以下のことです。

・復縁をしつこく要求する

・好きという感情を出しすぎて、重いと相手に感じさせてしまう

・勝手に泣いて、勝手に相手に迫る

これをやってしまうと、本当に復縁は遠ざけてしまいます。ということが多いです。

何を隠そう、私がそうでした。

だから1年半も時間がかかったのです。

また、お仕事をしているお相手からすると、夜遅くにLINEされると迷惑になってしまいます。

そのため、真夜中にLINEを送るのは本当にやめましょう。

【LINEの返信のスピードは?】
片手間に返信するくらいのタイミング

LINEの返信スピードに関してもみなさん気にしていらっしゃる方が多いです。

1番ベストなタイミングは気づいたら来てた」というタイミングです。

しかし、これはなかなかむずかしいです。

なぜなら、復縁を目指している方は相手のLINEの返信は逐一チェックしてしまうことが多いからです。

そのような人は以下の方法を実践して、なるべくLINEから注意をそらすようにしてください。

□LINEの通知をOFFにする

□LINEのバッチを非表示にする

□スマホをかばんの奥にしまう

この2つを行うことで、少しだけLINEから注意をそらすことができます。

また、どうしてもこれができない人は、30分以上はあけるようにしましょう。

これは毎回です。

また、きっかり30分だとバレるので、40分、50分など少し時間をずらすようにしましょう。

30分より前に返してはいけません。

しっかりとこのルールは守るようにしましょう。

【LINEと電話どっちがいいの?】
電話はLINEがスムーズになってから!

基本的に最初から電話はハードルが高いです。

あなたは、一秒でも元カレ・元カノの声を聞きたいかもしれませんが、残念ながら相手はそう思っておりません。

また、電話は相手の時間を奪うことになります。

そのため、最初はLINEの方がいいです。

LINEを何ヶ月かに渡って活用し、距離を縮めることができたら、次に電話という流れにしたほうがよいです。

さいごに

ここまで復縁におけるLINEの効果的な使い方&トリセツをご紹介してきました。

LINEは復縁を達成するために欠かせないツールであることは間違いありません。

ただ、一歩使い方をまちがえると逆に復縁の可能性をガクンと下げることになるので、取り扱いには注意が必要です。

そのため、ここまでお伝えしてきたことをもとにアプローチしてみましょう。

また、現在、私は無料で復縁相談に乗っています。

※現在では970人以上になりました。
とてもありがたいです。

この相談室を始めたきっかけは、私が復縁を目指しているときに、応援してくれる人、支えてくれる人がいなかったことです。

ただの1人も。

家族や最も信頼していた友人にさえ、背中を押してくれる人はいませんでした。

私は孤独のなかで戦っていました。

何度も何度も心が折れそうになったけれど、それでも復縁することができました。

この辛い経験があるからこそ、私は復縁を目指している人とつながり、

「背中を押したい」

「ほんの少しでも支えになりたい」

と思って、「Rの復縁相談室」を始め、無料相談を受けてきました。

私の復縁経験をもとに、あなたの復縁のお力に少しでもなれたらと思っています。

私のように一人で抱え込まないでください。

もちろん、相談料などは一切必要ありません。

(初めは無料で、後から有料になるということも一切ありません。)

今回の記事を呼んで、「Rさんになら相談してもいいかな…」と少しでも思ってくださった方は、お気軽にご相談くださいね。

友だち追加

また、本気で復縁したいと考えている方は以下の記事も、ぜひ読んでみてくださいね。

私の1年半の復縁経験と
970人以上の相談者から明らかになった
“復縁できる人”
の3つの意外な共通点
【続きはこちら】