復縁の基礎知識

【共通の友達は復縁に必須】元カレ・元カノの共通の友達のメリットと注意点、作り方

どうも、R(アール)です。

今回は、

元恋人の共通の友達に協力してもらい、復縁する方法

をお伝えしていきます。

復縁を目指す上であなたにとって、重要になる存在が、あなたと元恋人の「共通の友達」です。

この共通の友達がいるかどうかで、あなたの復縁の可能性は大きく変わってきます。

私自身も1年半かけて復縁できた背景には、私と元恋人の共通の友達がいました。

時には、その人に慰めてもらったり、アドバイスをしてもらったり、きついことを言われたりしましたが、今でも私はその人と親友です。

復縁は最後は自分自身の気持ちの強さと行動力によりますが、共通の友達がいたことはやはりさまざまな面で大きかったなと思います。

そのため、共通の友達やその候補がいるのであればしっかりと関係・信頼をつくり、協力してもらうことが大切です。

そこで、今回は、

□復縁において共通の友達がいる場合のメリット

□共通の友達をつくるときのコツ

□共通の友達のつくり方

の3点についてお話していきたいと思います。

【共通の友達はキューピット!?】
共通の友達に協力してもらう3つのメリット

まずは共通の友達がいる場合のメリットについてお話していきます。

復縁において共通の友達がいるメリットは以下の3つです。

1.相手の恋愛やその他の状況を知ることができる

2.あなたの復縁のアプローチを客観的に見てくれる

3.あなたを支えてくれる相談役になる

では、それぞれのメリットについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

1.相手の恋愛や状況を知ることができる

復縁を目指す上で相手の恋愛やその他の状況を把握することはとても大切です。

なぜなら、相手にも新しい恋人がほしいタイミングや、恋愛を考えたくない、もしくは考えている場合ではないタイミングというものがあります。

そのときに、自分勝手に相手にアプローチしては、復縁は遠のくばかりになってしまいます。

そのため、しっかりと相手の状況を把握することが大切なのです。

しかし、別れたあとは、なかなか自分自身では元カレや元カノと頻繁に連絡をとることができません。

ましてや相手の恋愛状況などについて細かく聞くことはむずかしいですよね…。

そのため、共通の友達が必要なのです。

共通の友達がいることで、あなたの代わりにその人に恋愛の状況や生活の状況などを聞くことができます。

そして、それを共有してもらうことで、相手の恋愛やプライベートの状況を確認することができます。

2.あなたのアプローチを客観的に見てくれる

復縁を目指す立場になると、一気に視野が狭まります。

相手のひとつひとつの行動や言葉に一喜一憂し、とてもじゃありませんが、客観的に自分のアプローチを見ることはできません。

そのため、客観的に見れば相手のその行動や言葉は深い意味がないとわかることでも、復縁を目指している本人は、

「これは◯◯ってことなのか?」

と不安に思ったりします。

そのため、しっかりと自分の復縁のアプローチを客観的に見てくれる人が必要です。

そして、その存在としてベストなのが「共通の友達」であるのです。

共通の知人は、あなたの状況だけでなく、相手の状況もきちんと理解しています。

そのため、相手の状況もふまえて、あなたの復縁アプローチに対して意見やアドバイスをすることができます。

そのため、共通の友達はあなたのアドバイザーとしての役割も担ってくれるのです。

3.あなたを支えてくれる相談役になる

復縁とはつらいことや悲しいことが多いものです。

そのため、あなたを支えてくれたり、相談にのってくれる友達が必要になります。

復縁のすべてをひとりで抱え込むととても大変です。

それこそ、うつ病に近い状態になってしまうこともあります。

そのため、つらくなったときに吐き出せる相手が必ず必要です。

諦めそうになったときに応援して勇気づけてくれる友達が必ず必要です。

共通の友達はあなたと親友になることもできるのです。

そのため、あなたも共通の友達に対して、ただ相手に探りをいれてもらう対象としてみていはいけません。

しっかりと自分のすべてを打ち明けて、たとえうまく復縁がうまくいかなくても、親友として付き合っていける関係を築くことが大切です。

【※誰でもいいわけじゃない※】
共通の友達を作るときの2つの基準

共通の友達を作るときにテキトーに選ぶのはNGです。

共通の友達を作る際には基本的には以下の2つの基準を選ぶようにしましょう。

◎元恋人と同性の人

例)元カノ→女性の友達、元カレ→男性の友達

◎理解力のある友達

では、それぞれの条件について、その理由を簡単にお伝えしていきます。

元恋人と同性の友達

基本的には、復縁したい元恋人と同性の友達を選びましょう。

理由は以下の2つです。

仲のいい親友は、同性のことが多い

同性の方が詳しい状況を聞き出せる

基本的には元カレ・元カノと仲のいい親友は、同性のことが多いです。

また、元恋人と同性の友達の方が、相手から詳しい話や根の深い悩みなどを引き出すことができます。

あなたも、同性の友達の方が込み入った話や本音は伝えやすいですよね。

それと同じです。

特に恋愛の話は同性の間で盛り上がります。

そのため、復縁したい元恋人と同性の共通の友達をつくることで、復縁アプローチをする上で役立つ情報を聞きやすいです

ただ、さきほども言ったように共通の友達を、ただ情報収集のためのツールとして扱わないようにしましょう。

そのような扱い方をしていたら、必ずあなたは見捨てられます。

共通の友達として、相手をリスペクトして敬意をもって相談するようにしましょう。

そのためには、あなたがどれだけ復縁に対して本気かをしっかり相手に見せなければなりません。

そのため、付き合ってから別れるまでの経緯や復縁に対しての強い気持ちをしっかりと共通の知人になってもらいたい方に話すことが必要です。

【元カノとの共通の友達を選ぶときは注意】

元カノと復縁するために女性の共通の友達をつくるときは注意しましょう。

女性は仲間意識がつよいので、元カノの味方をしてあなたに協力してくれないケースがあります。

また、それだけでなく、あなたのアプローチや意図が元カノに筒抜けになる可能性もあります。

そのような方は、むしろ男性の友達を見つけるほうがよい場合もあります。

理解力のある友達

もう一つの基準は「理解力のある友達かどうか」です。

共通の友達でも、一方的にあなたの復縁を否定してきたり、自分の意見を押し付けたりしてくれる方がいます。

正直、そのような特徴がある友達は、あまり協力してくれず、有効なアドバイスをしてくれることはほぼありません。

また、あなたが悩んだり、落ち込んだりしていても、あなたの話をちゃんと聞いてくれません。

そのため、共通の友達として選ぶときには、その方に「理解力があるか」つまり、人の話をしっかりと聞き入れる力があるかを見極めることが大切です。

そのような共通の友達をつくることができれば、復縁を達成する上でその方の存在はかなり大きいものになります。

【共通の友達は見つけ出すもの!】
共通の友達をつくるためのステップ

共通の友達と聞くと、

「そんな人いない…」

「知人程度はいるけど、そこまで仲良くない」

という方のほうが多いです。

もちろん、しっかりとした信頼関係ができている共通の友達がいる場合は、その方に協力してもらいましょう。

ただ、もしそのような方がいなかったら、「見つけ出すこと」が大切です。

もし、会社や学校などの同じコミュニティに属しているのであれば、共通の知人を友達にしたり、共通の友達を作り出すことは可能です。

そこで、ここでは共通の友達を作るステップをご紹介します。

ステップは以下の通りです。

①元恋人と仲の良い同性の友達を特定

②特定した人と話をする機会をつくる

③別れた経緯や復縁の本気度を伝える

共通の知人の作り方は環境によってそれぞれ違いますが、上記の方法は同じコミュニティに属していれば(属していたことがあれば)、基本的に適用できます。

ちなみに、すでに知人がいる方は②と③のステップを実行すれば大丈夫です。

では、それぞれのステップをもう少し詳しく見ていきましょう。

①元恋人と仲の良い同性の友達を特定

まずは先ほどの基準に沿って、元恋人と仲の良い同性を特定しましょう。

ほとんどの場合、仲のいい友達は、SNSや普段の行動などを見ていれば特定できると思います。

ただ、先にもお伝えしたように、元恋人の大親友はおすすめできません。

なぜなら、そのような方は元恋人の味方なので、あなたのことを敵とみなして警戒してくれるリスクがあります。

そのため、よく観察して、その人の性格や人柄も含めて見極めるようにしましょう。

②特定した人と話をする機会をつくる

元恋人と仲のよい人を特定できたら、次にその人と話すきっかけをつくりましょう。

いきなり「協力してほしい」といってもむずかしいので、同僚であれば仕事のこと、学生であれば授業やテストの話を切り口にコンタクトをとってみましょう。

また、このとき大切なのが、何か「Give(与える)」ことができないか探すことです。

仕事を手伝ったり、ノートを見せてあげたりなど小さな「Give(与える)」をしてあげるほうがあなたに協力してくれやすいです。

もちろん、このとき

「◯◯してあげたんだから、協力して」

などと頼むのは絶対NGです。

ほとんどのケースの場合、「Give(与える)」したことに対して見返りをこちらから求めなくても、相手から協力してくれます。

そのため、まずはその人と話すきっかけをつくり、関係を構築しましょう。

また、どうしても話しかけれないということであれば、SNSのDMを活用するのもありですが、できれば直接話すきっかけをつくりましょう。

③別れた経緯や復縁の本気度を伝える

話すきっかけをつくったら、最後に「元恋人との復縁のために協力してほしい」ということを伝えましょう。

また、このときのポイントは、以下のことを包み隠さず、丁寧に相手に打ち明けることです。

◯別れた経緯

◯別れる原因となった自分の悪かった点

◯どれだけ本気で復縁したいか(熱量)

◯どんなふうに協力してほしいか

この点をうそなく、包み隠さず話すようにしましょう。

また、元恋人の悪口は一切言わないようにしましょう。

別れた原因が自分であったことを伝えることが大切です。

「どれだけ復縁に対して本気か」

「元恋人に対して真摯に向き合っているか」

を相手に伝えるこおができれば、必ず協力してくれます。

ここまでのステップを踏んで、協力してくれる共通の友達をつくるようにしましょう。

とにかく行動することが大事です。

どうせ断られるからといって行動できない人は、残念ながら復縁もむずかしいでしょう。

多少は図々しくやっていくことも大切です。

そのため、積極的にコンタクトをとって共通の友達をつくりましょう。

【共通の友達の立場も考える。】
日々、感謝の気持ちを言葉で伝えること

共通の友達をつくることができたら、

「日々、感謝の気持ちを言葉で伝えること」

をしてくださいね。

共通の友達の方も親友である「あなたの元恋人」との人間関係がギクシャクするリスクを背負いながら、あなたに協力してくれていることを絶対に忘れてはいけません。

共通の友達の立場や気持ちをしっかり考えられれば、日々の感謝の気持ち続けることができます。

そのため、元恋人との復縁だけでなく、協力してくれている友達の気持ちもしっかりと考えるようにしましょう。

さいごに

ここまで共通の友達の重要性やその作り方やコツについてお話してきました。

あなたもおわかりいただけたかと思いますが、復縁を目指す上で共通の友達はとても大切になります。

そのため、可能であれば多少は無理をしても共通の友達をまずはつくってみましょう。

そして、きちんと相手の恋愛やその他の状況を把握した上でタイミングを見極めてアプローチしましょう。

また、現在、私は無料で復縁相談に乗っています。

※現在では970人以上になりました。
とてもありがたいです。

この相談室を始めたきっかけは、私が復縁を目指しているときに、応援してくれる人、支えてくれる人がいなかったことです。

ただの1人も。

家族や最も信頼していた友人にさえ、背中を押してくれる人はいませんでした。

私は孤独のなかで戦っていました。

何度も何度も心が折れそうになったけれど、それでも復縁することができました。

この辛い経験があるからこそ、私は復縁を目指している人とつながり、

「背中を押したい」

「ほんの少しでも支えになりたい」

と思って、「Rの復縁相談室」を始め、無料相談を受けてきました。

私の復縁経験をもとに、あなたの復縁のお力に少しでもなれたらと思っています。

私のように一人で抱え込まないでください。

もちろん、相談料などは一切必要ありません。

(初めは無料で、後から有料になるということも一切ありません。)

今回の記事を呼んで、「Rさんになら相談してもいいかな…」と少しでも思ってくださった方は、お気軽にご相談くださいね。

友だち追加

また、本気で復縁したいと考えている方は以下の記事も、ぜひ読んでみてくださいね。

私の1年半の復縁経験と
970人以上の相談者から明らかになった
“復縁できる人”
の3つの意外な共通点
【続きはこちら】