復縁の基礎知識

別れたばっかで、LINEをブロックされている人が復縁のためにできること

この記事は、

・別れたばっかでなにをすればいいかわからない

・LINEやSNSをブロックされていて何もできない

・元恋人に会うことができないため、何をすべきかわからない


のどれかひとつに当てはまる方を対象に書いたものです。

このようなことでお悩みではありませんか?

別れたばっかだと何をすればいいのか、ましてや連絡手段がなければ、なおさら自分に何ができるかわからないと思います。

この状況だからこそ、できることがあります。

そして、復縁を目指す上で、一番最初にやるべきことがあります。

・別れたばっかの時期

・LINEなど連絡先がブロックされていて、アプローチできない

・会うことが出来ない

以上のようなことで悩んでいる方が、復縁をするためにやるべきことを紹介していきます。

付き合っていたときにあったすべてのケンカを紙に書き出す

まずは付き合っていた時に、元恋人との間で起きたケンカをすべて思い出してください。

基本的に別れるときはは2パターンあります。

①ささいなことが積み重なって、あるケンかがきっかけで我慢できなくなって別れる

②大きなケンカや出来事があって別れる


②は、
例えば浮気や暴力などがきっかけで終わることがあります。カップルがわかれるときは、①がほとんどです。

つまり、人々が別れるときは、基本的に日々のケンカやその他のストレスの積み重ねが爆発して別れてしまうことが多いのです。

また、携帯を勝手に見られたなどという理由で一気に終わってしまうこともあります。
つまり、相手の「信頼」を失うような行為をすると、一発で別れてしまう可能性があります。

②の場合はすぐに原因がわかるため、別れた原因が突き止めやすいですが、さきほども言ったようにほとんどのカップルが別れてしまうのは①のパターンです。

そのため、まずはしっかりと、付き合っていた頃のケンカをできるかぎり紙に書き出して、そのケンカの経緯や原因をしっかり考えてみましょう。

このときのスタンスは常に自分が悪いと思って考えることです。

そうすることで、原因を突き止めやすくなります。

そのため、常に自分が悪であるとして、原因を探してみましょう。

しかし、

・元恋人による暴力
・お金を元恋人が返してくれなかった

の場合は、あなたに原因はありません。

しかし、相手が浮気したなどの場合は、相手にそのような気持ちにさせてしまう原因が自分にあったのではないかと考えることも大切です。

そのため、一見、自分が悪くないように見えても、しっかりと謙虚にケンカの原因と向き合うようにしましょう。

また、この思い出しの作業は記憶がまだ新しいうちにやることが大切です。

だからこそ、ふられてしまったばっかの人、別れてしまったばっかの人がやるべきことなのです。

そのためしっかりと可能な範囲ですべて思い出しましょう。

具体的には以下のツールを使用すると思い出しやすいです。

記憶

まずは自分の記憶にある元カレ・元カノとのケンカについてしっかりと思い出しましょう。

印象に残っているものや、深刻だったものはすぐに思い出せると思います。

LINE・メール

記憶で思い出す作業が終わったら、LINEやメールを見返してみましょう。

おそらくLINEやメールで言い合いになったケンカも数多くあると思います。

LINEやメールのよいところはすべて記録されていることです。

つまり

・ケンカになるまでの流れ
・ケンカ最中のやりとり

をしっかり確認することができます。

そして、そこから原因を突き止めることも可能です。

そのため、もしかしたら別れたあとにLINEを見返すとつらいという方もいると思いますが、復縁をするためにもしっかりと見返して、起きてしまったケンカをすべて紙に書き出しましょう。

写真→思い出す

写真から当時の状況について思い出して、その前後にケンカがなかったかをたどることも大切です。

そうすることで、ささいなケンカもしっかり思い出すことが大切です。

小さいケンカだからいいやと思うのは注意です。

その小さなケンカが積み重なった結果、別れることになってしまったのです。

そのため、しっかりと小さなケンカも思い出すようにしましょう。

元恋人がイヤがったことをすべて紙に書き出す

次に大切なことは、元カレ・元カノがイヤがったことをすべて書き出すということです。

あなたの束縛によって、元恋人の時間を不必要に奪っていませんでしたか?

異性の友達と遊ぶなと、元恋人の自由を奪っていませんでしたか?

元恋人の時間はすべて自分のためにあると勘違していませんでしたか?

あなたの押し付けたルールによって、元恋人がめんどくさそうな表情をしたり、耐えられないというようなことをあなたに訴えていませんでしたか?

あなたが元恋人の携帯の着信履歴やメールを勝手に見た時、あなたは信頼を失いませんでしたか?

カッとなって暴力をふるったことやひどい言動を浴びせたことはありませんでしたか?

心当たりがある人は多くいらっしゃると思います。

このように、元恋人に対してしてしまった嫌なことをしっかり書き出してください。

そして向き合うことが必要です。

これらの点をしっかりと書き出して、それを変えることが復縁では必要不可欠です。

相手がいやがった行為や言葉を思い出す時には

・相手の表情

・相手のことば

・相手のメッセージ

(LINEでのそっけなさなど)


元恋人があなたに対して不満をあまりもっていなかったなどありえません。

なぜなら、別れてしまっているからです。

不満が少なければ、別れることはほとんどありません。

自分の元カレ・元カノに良かれと思ってしてきたことを書き出す

元カレ・元カノによかれと思って、やっていたことが自己満足になっていませんか?

例えば、

・毎日電話してあげた
・マメに毎日連絡した
・過度な心配をしすぎた

などです。

例えば、相手が仕事でうまくいっていなかったり、なにかショックになったときに、すぐに電話することが必ずしも良いというわけではありません。

きっと、あなたは恋人がつらいときはすぐにでも会いに行って支えてあげたいという気持ちで電話してあげたり、実際に相手の家までいったりすることが正解だと思っていると思います。

しかし、そんなことはありませんん。

そのようなときは、「1人になりたい」「家でゆっくり何も考えないでいたい」「相手に気を遣われたくない」などと思う人も多いのです。

つまり、あなたが良かれと思っていやっていた行為は、あくまでも「あなたの主観で考えていた恋人のための行為」で、「恋人が本当に求めている恋人のための行為」ではないことも多いのです。

つまり、あなたの行為は自己満足で終わっている可能性があるということです。

これは、なかなか気づくことがむずかしいです。
私が復縁をする大きなきっかけになったのもこの自己満足の行為に気づけたからでした。

そのため、自分が元カレや元カノにしてあげてきた行為が、自分の自己満足になっていて、かえって相手に負担をかけていなかったかをもう一度考えてみてください。

自分が変わらなければならない点を見つける

1~3をきちんと行ったら、今度は自分が変わるべき点を見つけましょう。

例えば、

異性の友達と連絡したり、ご飯にいったりすることを禁止していた
        ↓
もっと束縛を弱めて、相手の自由の時間を増やしてあげる


このようにして
ケンカが起きた理由を突き止めたあと、自分が改善できるポイントをすべて書き出してください。などのようにやるとよいでしょう。

そして、いきなり全部を変える必要はありませんので、ひとつずつ変えていくことが必要です。そうすることで徐々に変わることができます。

また、性格を変えるとういのは、本当に時間がかかります。

私自身、1年間はかかりました。

そのため、良い意味で気長にやることが必要です。

一番いけないのは、1~3のステップを飛ばしてすぐに復縁を目指そうとすることです。
そのような方は、

・なぜ別れを切り出されたのか(理由が必ずある)

・仮に復縁できても同じことを繰り返すだけ

ということをわかっていません。

また、別れたあと、自分勝手にすぐに復縁を迫ってくる人に対して、相手は魅力を感じないし、逆に遠のく一方です。

「急がば回れ」

この言葉が、復縁にはピッタリです。

しっかりと1~3のステップを踏むことが大切です。

共通の友人を探す・つくる

1~4のステップがひとまずできたら、次には共通の友人をつくりましょう。

自分が変わったことをアピールするには、直接ではなく・間接的にアピールすることが大切です。

つまり、

・共通の友人を介して変わってきていることを伝えてもらう

・共通の友人にきっかけをつくってもらって対応や行動の仕方で変わったことをアピールする

とういことが必要になります。

また、共通の友人をつくることでのメリットや作り方などは以下の記事で紹介しています。
復縁を目指している人はぜひ、お読みください。

共通の友人や第三者を通して相手にアプローチする復縁方法とは!?復縁を身近な人や環境を巻き込むことが大切です。 ときには、少しずるい手を使うことも必要になります。 いきなり、彼にアプローチ...

さいごに

ここまで、

・別れたばっかでなにをすればいいかわからない
・LINEやSNSをブロックされていて何もできない
・元恋人に会うことができないため、何をすべきかわからない

を対象に、復縁をするうえで必要なことをご紹介してきました。

まずは自分を知るということが大切です。

そこから初めて自分の今までの過ちに気づき、復縁へ一歩を踏み出せるのです。

みなさんの復縁を応援しております。

また、現在、私は無料で復縁相談に乗っています。

※現在では970人以上になりました。
とてもありがたいです。

この相談室を始めたきっかけは、私が復縁を目指しているときに、応援してくれる人、支えてくれる人がいなかったことです。

ただの1人も。

家族や最も信頼していた友人にさえ、背中を押してくれる人はいませんでした。

私は孤独のなかで戦っていました。

何度も何度も心が折れそうになったけれど、それでも復縁することができました。

この辛い経験があるからこそ、私は復縁を目指している人とつながり、

「背中を押したい」

「ほんの少しでも支えになりたい」

と思って、「Rの復縁相談室」を始め、無料相談を受けてきました。

私の復縁経験をもとに、あなたの復縁のお力に少しでもなれたらと思っています。

私のように一人で抱え込まないでください。

もちろん、相談料などは一切必要ありません。

(初めは無料で、後から有料になるということも一切ありません。)

今回の記事を呼んで、「Rさんになら相談してもいいかな…」と少しでも思ってくださった方は、お気軽にご相談くださいね。

友だち追加

また、本気で復縁したいと考えている方は以下の記事も、ぜひ読んでみてくださいね。

私の1年半の復縁経験と
970人以上の相談者から明らかになった
“復縁できる人”
の3つの意外な共通点
【続きはこちら】