復縁の基礎知識

【復縁不可能に!?】復縁で絶対にやっていはいけない6つのNG行動

復縁においてぜったいにやってはいけないNGな行動を今回は紹介します。

復縁の期間が長くなるのは、簡単にいえば、まちがった行動をして相手に不快な思いをさせているからです。そのため、復縁を遠ざけているのは自分自身の行動であることが多いのです。

そのため、今回は私自らの復縁体験と90人以上の相談を踏まえ、復縁をする人に共通する復縁NG行動をご紹介していきます。

1.LINEを毎日しつこく送らない

1つめは相手が明らかにめんどくさがっていたり、もしくは既読無視、未読無視をしていたりするのにもかかわらず、しつこくメッセージを送りすぎることです。

これは、相手にとっては迷惑行為になります。
話すテーマがなかったり、ネタがないのにもかかわらずダラダラとLINEを送ったり、続けたりすることは控えましょう。

「会いたい」「好き」「もう一回付き合いたい」なども、いきなり言わないほうがいいです。
基本的にこれらはあなたの感情であり、相手には関係ありません。
そのため、一方的に感情をぶつけることはよくありません。

また、復縁の際の具体的なLINEの使い方については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひお読みください。

2.いきなり電話して、自分の気持を(泣きながら)伝える

これは本当に相手を困らせ、かつ復縁をしたくないと相手に思わせてしまうNGな行為です。いきなり電話して、告白するだけでも相手にとって迷惑でありますが、もっと大変なのはそこで気持ちがありあまってしまい、泣いてしまうことです。

これは、あなたからすると、相手に自分の気持をすべて伝えたとして一種の満足感が生まれるかもしれませんが、相手からすると、対応に困る行為です。

一方的にふられた相手に気持ちを伝えることは、相手に困らせ、かつ、復縁を遠ざけます。
気持ちを伝えれば、相手はもしかしたら自分の気持ちにこたえてくれるかもしれないと淡い期待をするのはやめましょう。

復縁にはしっかりとしたステップがあるのです。
その順序をとばして、いきなり気持ちを伝えても、うまくいくはずはなく、逆に復縁への可能性が低くなってしまいます。

3.相手の職場や家、最寄り駅に押し寄せる

LINEなどがブロックされてしまい、我慢できず、相手の職場や家、最寄り駅に押し寄せ、待ち伏せしてしまう人がいます。

これは絶対にやってはいけません。
最悪の場合、ストーカーとして犯罪扱いされる危険性もあります。

そのため、相手との約束もないのに、相手の家や最寄り駅に押し寄せるのは絶対にやめましょう。

また、相手の職場に関しては本当にNGです。これは、相手だけでなくその同僚や会社にも迷惑をかけてしまうことになります。

また、ここまでしてしまったら、復縁はもう不可能であると考えた方がよいでしょう。

みなさんが思っている以上にこの行為は重い行為であり、犯罪行為にもなり得ます。
そのため、絶対に行わないようにしましょう。

4.肉体関係だけやお金の借りるだけの都合の良い人にならない

昔付き合っていたよしみで、相手と肉体関係を結んだり、お金の貸し借りの関係にならないように気をつけましょう。

まず肉体関係だけむずんでしまったら、そのあと復縁をするのはむずかしいでしょう。
現在すでにセフレになってしまっているという方は、以下の記事を必ずお読みください。

また、お金の貸し借りの関係もかならずやめましょう。
相手のことが大切だからといって、お金を貸していては、ぜったいに2人は良い関係にはなれません。

そのため、しっかりとけじめをつけて、復縁を目指しましょう。

また、お金や肉体関係にだらしない人の場合は、本当にその人が復縁にふさわしい相手であるのかゆっくり考える必要があります。
そのため、ぜひ下の記事もあわせてお読みください。

5.相手の誕生日などにプレゼントなどを買わない

基本的には、別れたあと、元カレや元カノの誕生日などがあっても、プレゼントなどは買わないようにしましょう。
なぜなら、あなたが純粋にお祝いしたい気持ちでプレゼントを渡したとしても、それは相手にとって「重い」という捉えられる可能性があります。

そのため、相手の誕生日などは、基本的にはLINEでメッセージを簡単に送るようにしましょう。このときもあまり長文で送っては「重い」と感じる可能性があります。

そのため、相手に「重い」と感じられないようにすることも意識しましょう。

6.相手をしつこく誘わない

復縁を目指す上でなかなか相手に会うことができないからといって、その気持をLINEや電話を通じてしつこく伝えるのはやめましょう。

しつこく誘えば誘うほ、相手はネガティブな感情を抱き、最悪の場合は連絡とを取ることができなくなるかもしれません。

そのため、誘うことはもちろん大切です、頻繁に誘うのではなく、3~4ヶ月に1回程度にしましょう。

そのくらいの周期で誘えば、相手の反応がだんだん変わってくることもわかると思います。
そして、すこし強くお願いしたら会えそうだなというときに、プッシュしてみましょう。

・さいごに

ここまで復縁をする上でのNG行動を6つ紹介してきました。

ここで紹介したことは、「相手のことを考える」ということを徹底すれば自然にできます。
相手を思いやれば、そんなに的はずれな行動をすることはありません。

相手にも、

・プライベート
・仕事

があるのです。

そのため、常に相手も忙しいと考えたほうがいいです。
あなたの連絡は相手が時間をさくほどの内容なのか、用件なのかを、メッセージや電話をする際に一歩立ち止まってみること大切です。

みなさんの復縁がうまくいくことをお祈りしています。

 

また、現在、私は無料で復縁相談に乗っています。

※現在では970人以上になりました。
とてもありがたいです。

この相談室を始めたきっかけは、私が復縁を目指しているときに、応援してくれる人、支えてくれる人がいなかったことです。

ただの1人も。

家族や最も信頼していた友人にさえ、背中を押してくれる人はいませんでした。

私は孤独のなかで戦っていました。

何度も何度も心が折れそうになったけれど、それでも復縁することができました。

この辛い経験があるからこそ、私は復縁を目指している人とつながり、

「背中を押したい」

「ほんの少しでも支えになりたい」

と思って、「Rの復縁相談室」を始め、無料相談を受けてきました。

私の復縁経験をもとに、あなたの復縁のお力に少しでもなれたらと思っています。

私のように一人で抱え込まないでください。

もちろん、相談料などは一切必要ありません。

(初めは無料で、後から有料になるということも一切ありません。)

今回の記事を呼んで、「Rさんになら相談してもいいかな…」と少しでも思ってくださった方は、お気軽にご相談くださいね。

友だち追加

また、本気で復縁したいと考えている方は以下の記事も、ぜひ読んでみてくださいね。

私の1年半の復縁経験と
970人以上の相談者から明らかになった
“復縁できる人”
の3つの意外な共通点
【続きはこちら】