復縁の基礎知識

【復縁成功者の共通点】970人以上の復縁相談者から明らかになった7つの共通点

今回は、私が970人以上相談を受けてきてわかった復縁をできる人に共通する点をご紹介していきたいと思います。

これから紹介することは、生まれ持った能力ではなく、あとからどうにでも自分で身につけることができるものです。

そのため、当てはまらなかったからといって復縁できないわけではありません。

ただし、復縁がうまくいっていない人は、以下で紹介する復縁成功者の共通点を参考にすれば、復縁がうまくいく可能性が高まります。

そのため、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

では見ていきましょう!

復縁したいという強い気持ち

まず、復縁が成功した人に共通するのが、復縁をしたいという強い気持ちです。

復縁を最後に成功させる人は、強い意志と覚悟を持ち併せています。

「元カレ・元カノと絶対復縁したい」という気持ちがあれば、相手に恋人がいようとも「会いたくない」と言われようとも、LINEをブロックされようとも乗り越えることができます。

復縁は90%がツライことやしんどいことです。

そのことを踏まえて、覚悟を持ち茨の道に突き進む方は本当に強いです。

復縁を最後に勝ち取れる人は、相手がどれだけ冷たい反応をしようとも、自分の気持ちを強く持って、復縁した後の幸せな日々を考えてがんばれるという特徴があります。

地道にアプローチを続けられる

復縁は長期戦にもつれこむことがほとんどです。

そのため、いきなり告白して復縁ということは本当に少ないです。

長期戦の復縁において大切なのが、地道に継続してアプローチできる方です。

復縁活動中にはさまざまな壁があります。

最初はLINEを送っても相手からすぐに切られたり、なかなか未読無視や既読スルーをされたりして連絡を取り合うことができないことが多いです。

また、相手に新しい恋人ができて、3~6ヶ月くらいは我慢しなければならないときなどもあります。

このようなときに、地道に続けることが出来ない人はすぐに自分の気持を伝えたり、復縁はもう無理だと諦めたりしてしまいます。

このようにコツコツやることができないタイプは復縁は難しいです。

一方で、相手の反応に変化があるまで地道にアプローチしたり、相手に恋人がいても我慢することができたりする人は復縁に強いです。

また、復縁に成功する人はこの特徴を持っています。

そのため、地道に続けられる力も復縁成功者の共通点の1つです。

過去の失敗をズルズル引きずらない

復縁成功者の共通点として多いのが「過去の失敗をズルズル引きずらない」ことです。

これは付き合っていたときの自分を反省しないという意味ではありません。

復縁活動中にうまくいかなくて失敗してしまったことがあっても、1日寝れば「また次!」と切り替えられるということです。

この切り替えがある人は復縁でうまくいきやすいです。

復縁において、たしかにNG行為はありますが、やってしまったらそれは仕方ありません。
次に向けてがんばるしかないのです。

そのため、このポジティブな考えをしっかりもてる人は、自分の失敗から学び、どんどん工夫して良いアプローチを考えることができます。

私自身、1年半復縁するのにかかりました。失敗やNG行為もたくさんしました。
ただ、次に切り替えてどんどんアプローチできたのが、復縁の成功のカギだと思います。

そのため、「やってしまったものは仕方ない」と捉え、次に切り替えられる力は復縁においてとても大切になります。

ずっと復縁だけを考えていない

復縁でうまくいく人は、復縁だけを考えていないことが多いです。

つまり、自分が没頭できる何かがあり、それと並行して復縁活動をしていることになります。

復縁だけをずっと考える人はうまくいきません。

復縁だけを考えてしまうと、相手からの連絡や現在の恋愛状況などがずっと気になってしまってストレスが溜まることが多いです。

復縁は、「どれだけ固執しない」かがポイントです。

相手から連絡が来ても来なくてもいちいち一喜一憂するのではなく、自分が一番好きなことや夢中になれることに没頭して、その片手間に復縁をがんばるイメージです。

復縁において、自分が没頭できる趣味などがある人は、復縁に成功しやすいです。

なぜなら、復縁から気をそらすことができ、かつ、輝きをしっかり保てるからです。

復縁しか生きがいがない場合は、輝きを失い、相手もあなたに魅力を感じません。

相手は仕事や趣味に打ち込んでいるあなたに魅力を感じます。

そのため、復縁を成功させるためには復縁以外に夢中になれる趣味や仕事をしっかりと見つけることが大切です。

相手と肉体関係をもっていない

これは復縁する人に共通する大きな点です。

復縁活動中に自分の家に相手が来たという人はいますが、肉体関係をもって復縁できた人を私は知りません。

なぜなら、別れてから肉体関係だけを保とうとするその真意は、「あなたを大切にしていない」ということだからです。

相手の温もりを感じられる、相手と近くにいられればいいと割り切っている人はそのまま関係を保っても良いと思いますが、本当に復縁したいのであれば、肉体関係を断つことが大切です。

復縁する上で肉体関係は一番邪魔になる障壁です。

復縁したい方は、必ず肉体関係をもたないようにしましょう。

自分を冷静に振り返ることができる謙虚さ

復縁に成功する人は、自分を謙虚に振り返ることができる人が多いです。

自分が付き合っていた時に、どんなことで相手を嫌な気持ちにさせたのか、自分のどんな点がダメだったのかを謙虚に分析することが復縁を成功させる第一歩になります。

しかし、ほとんどの人は自分を振り返る前に「どうやったら復縁できるか」ということを考えてしまいます。

復縁は、自分を変えなければ成功させることは難しいです。
そのため、謙虚に自分を分析し、悪い点を見直すことが復縁においてはとても大切になります。

相手のことを考えられる

相手への気遣いができる人は復縁に成功しやすいです。

相手のことを考えられない人は、自分の気持ちばかりを優先してLINEしたり、電話したり、会いたいといったりします。

これは、相手のことを考えてない自分勝手な行動になります。

相手のプライベートな時間や仕事のことを考えないで、自分を優先する人は復縁がうまくいきません。

また、このような方は、別れてしまった原因も自分のわがままであることが多いです。

そのため、復縁を成功させるのであれば、相手への気遣いが大切になります。

さいごに

ここまで復縁で成功する人の共通点をご紹介してきました。

ご自分が当てはまる点とそうでない点があると思います。

ぜひ、当てはまらなかった点で自分が直せるところから始めると良いと思います。

また、現在、私は無料で復縁相談に乗っています。

※現在では970人以上になりました。
とてもありがたいです。

この相談室を始めたきっかけは、私が復縁を目指しているときに、応援してくれる人、支えてくれる人がいなかったことです。

ただの1人も。

家族や最も信頼していた友人にさえ、背中を押してくれる人はいませんでした。

私は孤独のなかで戦っていました。

何度も何度も心が折れそうになったけれど、それでも復縁することができました。

この辛い経験があるからこそ、私は復縁を目指している人とつながり、

「背中を押したい」

「ほんの少しでも支えになりたい」

と思って、「Rの復縁相談室」を始め、無料相談を受けてきました。

私の復縁経験をもとに、あなたの復縁のお力に少しでもなれたらと思っています。

私のように一人で抱え込まないでください。

もちろん、相談料などは一切必要ありません。

(初めは無料で、後から有料になるということも一切ありません。)

今回の記事を呼んで、「Rさんになら相談してもいいかな…」と少しでも思ってくださった方は、お気軽にご相談くださいね。

友だち追加

また、本気で復縁したいと考えている方は以下の記事も、ぜひ読んでみてくださいね。

私の1年半の復縁経験と
970人以上の相談者から明らかになった
“復縁できる人”
の3つの意外な共通点
【続きはこちら】