復縁の基礎知識

【最悪な別れ方から復縁は可能?】修復が難しい2種類の方法と復縁するための秘訣

今回は、復縁が一番難しい別れた方についてご紹介します。

ここで紹介する別れ方でフラレてしまった場合、復縁を達成するにはかなりの時間と努力が必要になります。

そのため、自分が該当した場合は、復縁に対する気持ちをもう一度自分自身で再確認し、本当に復縁を目指すかどうかを決めることが必要です。

もし、復縁したいと思うのであれば、それ相応の覚悟をもって復縁活動に励むことが大切です。

では、復縁が難しいパターンについて見ていきましょう。

DV・暴力による別れ

復縁において一番難しいのが、DV・暴力で別れたパターンです。

これは相手に恐怖心を植え付ける行為だからです。

つまり、相手はあなた=恐怖と思ってしまい、連絡をしてもブロックされたり返信がこなかったりすることがほとんどです。

こうなってしまうとなかなか復縁はむずかしく、できたとしても相当な時間がかかります。

DV・暴力で別れた場合は、相手の友達があなたとの復縁に反対することも多いです。そうなると余計に復縁することは難しくなります。

それほど、DV・暴力の罪は大きいのです。

相手の信頼を失うだけでなく、相手に恐怖心を植え付けるとともに、男性が恐いという後遺症を与える危険性もあります。

そのため、もし復縁を本気で目指すのであれば、まずは自分を反省することから必要になります。

3,4ヶ月反省したからといっていきなり相手に連絡してもまったく意味がありません。

なぜなら、3,4ヶ月で人間の気質が変わることはないと相手もわかっているからです。

もし、DV・暴力を犯した人で復縁を目指すのであれば最低でも10ヶ月、もっといえば1年以上は相手に連絡を取らないことがおすすめです。

相手の傷や恐怖心を薄くするためにはそのくらいの期間は必要です。場合によっては、2年以上必要になることもあります。

だから、DV・暴力による別れは復縁が難しいのです。

浮気による別れ

浮気による別れも復縁が最も難しいパターンの1つです。

なぜなら、浮気は相手との信頼関係を一発で壊してしまうものだからです。

人と付き合っていく上で一番大切なのは「信頼関係」です。

遠距離でもずっと付き合える人がいるのは「信頼関係」があるからです。

信頼があるから物理的距離があっても支え合うことができるのです。

そのため、付き合うためには2人の間に信頼関係を築くことが必要です。

しかし、浮気をしたら、その信頼関係は崩れます。

そしてその信頼関係をもう一度築き上げるのは至難の業で、たくさんの時間が必要になります。

浮気した相手ともう一度復縁したいと思わせるには、信頼関係を構築する前に、もう一度あなたと友達に戻りたいと思わせることが必要です。でな

いと信頼関係を築くスタート視点までも辿り着けないで終わります。

浮気をして別れた人は、なかなか相手と連絡を取れないことが多いです。

つまり、連絡を相手が取りたがっていないということです。

そのため、復縁するには信頼関係を築くことだけでなく、信頼を築くためにもう一度関わり合える関係になることが大切なのです。

まずはLINEなどメッセージのやりとりから始まると思いますが、相手からブロックされている場合がほとんどです。

そのため、共通の友人などに協力してもらってなんとか仲立ちをしてもらうことが必要になります。

この点も踏まえ、浮気による別れの復縁は難しいと言えます。

相手の傷を癒す期間が大切

上で紹介した2つの別れのパターンでは、冷却期間が必要になります。

基本的には1年以上必要になると考えてください。

また、冷却期間の目的は以下の2つになります。

・相手の傷を癒す
・自分の気質(性格)を見直し、改善する

この冷却期間がないと復縁はむずかしいだけでなく、2人が友達に戻ることも難しいでしょう。

そのため、つらくても、しっかりと冷却期間を設けることが大切です。

また、本気で復縁するのであれば、浮気性や暴力気質をしっかりと治すことが必要です。

これは半年くらい我慢したからといって治るものではありません。

性格を改善する上で知っておく必要があることは以下の2つです。

・自分の意志でしか性格や気質は改善できない
・改善するにはそれ相応の時間がかかる

これを自覚した上でしっかりと変化していくことが必要です。

共通の友人がとても重要になる

暴力や浮気が原因で別れた場合、重要になるのがあなたと元恋人の共通の友人です。

共通の友人がいることで2人の仲立ちをしてくれたり、相手の近況を聞き出すことができたりします。

そのため、共通の友人がいる人はしっかりと相談するようにしましょう。

ただ、そのときに共通の友人に嘘をつかないで、しっかりと別れた経緯を話した上で復縁に協力してもらうようにしましょう。

最初から共通の友人を復縁するための道具として利用しないように気をつけてください。そのような扱い方をすると共通の友人はあなたから離れていき、結果的に復縁がうまくいかなくなるでしょう。

誠意の見せ方が大切

相手との信頼関係を失う別れ方をした場合は、しっかりと誠意を示すことが大切です。

しかし誠意を示すためには、以下の3つのいずれかが必要になります。

・直接会う
・メッセージを送る
・電話をする

しかし、暴力や浮気で別れた相手と会うことは困難の業であり、連絡先やLINEもブロックされていることが多いです。

そこでカギとなるのが「手紙」です。

誠意を示すために復縁において例外的に「手紙」が有効に働くときがあります。

しかし、手紙は書き方を間違えたり、場合によっては重いと相手に思われて逆効果になります。

そのため、手紙を送る際は慎重に行ってください。

また、現在、私は無料で復縁相談に乗っています。

※現在では970人以上になりました。
とてもありがたいです。

この相談室を始めたきっかけは、私が復縁を目指しているときに、応援してくれる人、支えてくれる人がいなかったことです。

ただの1人も。

家族や最も信頼していた友人にさえ、背中を押してくれる人はいませんでした。

私は孤独のなかで戦っていました。

何度も何度も心が折れそうになったけれど、それでも復縁することができました。

この辛い経験があるからこそ、私は復縁を目指している人とつながり、

「背中を押したい」

「ほんの少しでも支えになりたい」

と思って、「Rの復縁相談室」を始め、無料相談を受けてきました。

私の復縁経験をもとに、あなたの復縁のお力に少しでもなれたらと思っています。

私のように一人で抱え込まないでください。

もちろん、相談料などは一切必要ありません。

(初めは無料で、後から有料になるということも一切ありません。)

今回の記事を呼んで、「Rさんになら相談してもいいかな…」と少しでも思ってくださった方は、お気軽にご相談くださいね。

友だち追加

また、本気で復縁したいと考えている方は以下の記事も、ぜひ読んでみてくださいね。

私の1年半の復縁経験と
970人以上の相談者から明らかになった
“復縁できる人”
の3つの意外な共通点
【続きはこちら】