不倫・浮気

不倫相手と復縁するために絶対知っておきたい方法とそのコツ

今回は不倫相手と復縁するための方法やコツについてご紹介していきます。

不倫においての復縁はなかなか周りに相談できませんよね。
復縁自体、否定する人が多いですが、さらに世間的に否定的に捉えられている不倫が付け加わるとほとんどの方はあなたを応援してくれないと思います。

私自身、不倫が良いこととは思いません。
しかし、好きになってしまったり、愛してしまったりしたら、それはもう仕方ありません。

人間は欲望をおさえることができないため、不倫してでもつながっていたいと思うと思います。

しかし、不倫の関係もいつまでも続くわけではなく、たいてい婚約者がいる側の夫(妻)が家庭が崩壊することなどを恐れて終わりを告げることが多いです。

そしてこれを見ている方は、別れを告げられた方だと思います。

そこで、今回はどうしても不倫していたお相手ともう一度復縁したいという方のため、そのコツや方法をご紹介していきます。

まずは不倫復縁の目標をしっかり決めること

まずは不倫復縁の目標をしっかり決めることが大切です。
なぜなら、目標の設定の仕方でアプローチ方法がだいぶ変わってくるからです。

具体的に目標の決め方は2つです。

1つ目は「相手の婚約者に秘密で付き合うこと」。

2つ目は「相手が離婚して自分と婚約してもらうこと」。

まずは、自分がどちらを求めるのかをしっかり決めましょう。

きっと、みなさんが心の底で願っているのは、「相手が離婚して自分と婚約してもらうこと」だと思います。

しかし、離婚となると、両者の同意が必要であったり、子供がいたら親権について争ったりなど法律や制度の面で面倒な壁がいくつも立ちはだかります。

そのため、なかなか2つ目の目標を達成することは難しいことです。

しかし、2つの目標のどちらに設定したにせよ、いずれもまずは「付き合う」という関係にしっかりと戻さなくてはなりません。

そのため、まずは、不倫復縁をする上で、「付き合う」状態に戻るための方法をお話します。

まずは相手が自分の「何を」好きだったのかを考える

まずは自分が不倫していた頃を振り返ってみてください。
そして、相手は自分の「何を」好んでいたのかを考えてみてください。

例えば、相手の婚約者にはない優しさや癒やしがあったのか、
それとも体の相性が抜群によかったのか、
などです。

結婚生活が長くなるとセックスレスなどになって、夫婦の関係が悪化し、不倫に走る人もいます。
不倫するのは自分の欲望を満たすためだけの人もなかにはいます。

まずは、相手が自分の「何を」好きになって不倫関係ができたのを理解することが大切です。

基本的に連絡は短期間で簡潔に。

基本的に不倫復縁を目指す時は、LINEやメールなどは毎日ダラダラ続けるべきではありません。
なぜなら、相手側の婚約者にバレる可能性が高いからです。
携帯やスマホなどをチェックする方は多いです。
そのため、あなたとのメールやLINEのやりとりなどが相手側の婚約者に見つかった場合は、ブロックされ、二度と連絡ができなくなる可能性があります。

そのため、連絡をとるときにはLINEやメールを使うにしても、電話を使うにしても、目的を端的に伝えるようにしましょう。

間違っても、何日もだらだら連絡のやりとりを続けないようにしましょう。

例えば、ご飯に誘いたいのであれば、前置きはおかないで、
「久しぶりです。今度ご飯ご一緒してくれませんか?」という素朴な分でOKです。
しっかりと用件を伝える意味のあるメッセージを意識しましょう。

また、くれぐれもやり取りや履歴などはしっかり消すように相手にも伝えましょう。

まずは食事などに誘ってふたりになれる時間をつくること

基本的に不倫復縁の場合は、お互いが大人であるため、食事に誘って直接「関係を戻したい」ということを伝えましょう。

このときに、「婚約者と別れて」と言ったり、「私と結婚してほしい」と言ったりするのはNGです。
そんな簡単に家庭を捨てることはできないということを理解しておくことが大切です。

まずは、「たまに暇な時に会ってくれるだけでいい」という風にしっかりと伝え、相手があなたとの関係を重くとらえないように工夫することが大切です。

本当であれば絶対にいけませんが、この場合のみ例外で「都合の良い存在」になることが大切です。
しかし、必ず依存はしないと自分を強く制御してください。

会うことができたら、相手があなたに求めている期待を満たしてあげる

もし、食事に誘うことができて、会えるようになったら、今度はあなたに相手が求めている期待を満たす努力をしてくてください。

これはむずかしく考える必要はなく、あなたが不倫関係をもっていたときに、相手が喜んでいたことなどを思い出してそれをしてあげることが大切なのです。

たとえば、優しや癒しであれば、あなたのやり方で相手に接してあげください。
肉体関係であれば、あなたとの相性の良さを思い出させてあげてください。

あなたと不倫していた頃のことの喜びや楽しさをしっかりと思い出させてあげてください。

「復縁したい」ではなく「前みたいに戻りたい」と伝える

関係を戻したい時に伝える言葉として「復縁したい」という言葉は重く捉えられる可能性があるため、使わないようにしましょう。

「前の関係でいいから戻りたい」という風に伝えることが大切です。
相手に関係を修復することがハードルが高いことであると思わせないためにもしっかりと言葉を選ぶことが大切です。

また、思いを伝えるタイミングとしては、相手があなたに求める期待に応えてあげた後がおすすめです。

期待に応えてあげて、相手を満たすことで「また次も」と思うため、もとの関係に戻りやすくなります。

そのため、タイミングにもしっかりと注意を払うようにしましょう。

・「付き合う」ことを目標にした人はここで達成

冒頭部分で決めた目標「婚約者に内緒で付き合うこと」はここで目標達成です。
そのため、あとは自分が満足するまで相手との関係を楽しみましょう。

しかし、不倫はリスクが高いです。
そのため、下の記事をしっかりと読んで、リスクを理解しておくことをおすすめします。

 

では、目標を「結婚」に設定した人は続きを見ていきましょう。

相手があなたに求める点を理解する

「結婚」となるとなかなかハードルが上がります。
相手の家庭が崩壊している途中であればチャンスはありますが、円満である場合はなかなかむずかしいです。

あくまでも、あなたから「相手と別れて結婚して」ということは伝えないでください。

また、相手があなたに体の関係だけを求めているのであれば、はっきり言って結婚は難しいでしょう。
そのため、その自覚がある人は、不倫の関係を断ち切るか、新たな人を見つけることをおすすめします。

相手があなたに優しさや癒しを求めている場合は、あなたとの結婚の可能性もありますが。体の関係だけだと難しいでしょう。
なぜなら、その場合、あなたと相手の間に「愛」はないからです。

そのため、まずは相手があなたの求めているものをしっかり見極めることが大切です。

相手が離婚するまでじっと待つこと

不倫相手と結婚したいのであれば、相手が離婚するまで待つしかありません。

しかし、離婚させたいからといって復縁をバラすのは危険です。
なぜなら、あなたに慰謝料請求をされる可能性があるからです。

慰謝料は数百万に及ぶ場合があります。そのため、不倫がバレてしまったらあなたの人生は一気に辛いものに変わる可能性があります。

また、もしあなたから相手の婚約者にバラしたら、不倫相手との関係も悪化して、今度は戻れなくなるほと2人の間に溝ができてしまいます。

これらのことを踏まえると、「ただ待つ」ということしかできないのです。

しかし、1人で何年も待つのはとてもつらく、覚悟が必要です。
あなたがその不倫相手を「運命の人」として信じ続けることができるかどうかがとても大切になります。

一番大切なのは、その人が“運命の人なのかどうかということ“

不倫復縁で一番大切のは、その人が運命の人なのかどうかを知ることです。
しかし、自分で知ることはできないので、「信じること」が大切ですね。

どんなにうまくいなかくても、その気持ちを強く持つことができれば不倫相手と幸せになれるかもしれません。

しかし、ほとんどの人は途中でその人が運命の人であるかを信じることが難しくなります。
そのため、不倫復縁は成就しないことが多いのです。

本気で不倫復縁を目指すのであれば、その不倫相手が運命の人であると信じ続けることが大切です。

また、現在、私は無料で復縁相談に乗っています。

※現在では970人以上になりました。
とてもありがたいです。

また、このなかには不倫相談をしてくださる方もいらっしゃいます。

この相談室を始めたきっかけは、私が復縁を目指しているときに、応援してくれる人、支えてくれる人がいなかったことです。

ただの1人も。

家族や最も信頼していた友人にさえ、背中を押してくれる人はいませんでした。

私は孤独のなかで戦っていました。

何度も何度も心が折れそうになったけれど、それでも復縁することができました。

この辛い経験があるからこそ、私は復縁を目指している人とつながり、

「背中を押したい」

「ほんの少しでも支えになりたい」

と思って、「Rの復縁相談室」を始め、無料相談を受けてきました。

私の復縁経験をもとに、あなたの復縁のお力に少しでもなれたらと思っています。

私のように一人で抱え込まないでください。

もちろん、相談料などは一切必要ありません。

(初めは無料で、後から有料になるということも一切ありません。)

今回の記事を呼んで、「Rさんになら相談してもいいかな…」と少しでも思ってくださった方は、お気軽にご相談くださいね。

友だち追加

また、本気で復縁したいと考えている方は以下の記事も、ぜひ読んでみてくださいね。

私の1年半の復縁経験と
970人以上の相談者から明らかになった
“復縁できる人”
の3つの意外な共通点
【続きはこちら】