元カノとの復縁術

元カノのそっけない態度・冷たい態度を解消して復縁するための3つの秘訣!

こんにちは、R(アール)です。

今回は

「元カノの態度がそっけなくてどうしたらいいかわからない」

という方にその理由や対処法をお伝えしていけたらと思います。

「話しかけても元カノの態度が素っ気ない…」
「電話しても出てくれない…」
「LINEしても既読無視されてしまう…」

このように元カノが素っ気なくて、復縁に対して不安を感じている方が多いと思います。

元カノの対応がそっけないのには必ず何らかの理由があります。

しかし、ほとんどの方は、その理由を考えずに自分のタイミングで連絡したり、話しかけたりしてしまいます。

そこで、今回は以下の3つを中心にお話していきたいと思います。

●相手の態度が素っ気ない理由
●素っ気ない態度をされるアプローチ
●相手の冷たい態度への対処法

今回のテーマ

【元カノがそっけないのはどうして?】
元カノがそっけない7つの心理

元カノがそっけないのには理由があります。

それは以下の7つのいずれかに当てはまります。

✓好きな人・気になっている人がいる
✓まだ気持ちの整理がついていない
✓プライベートや仕事が忙しい
✓あなたのアプローチがしつこい
✓「特別な存在」ではなくなっている
✓あなたの未練を断ち切りたい
✓別れたばかりで嫌悪感を抱いている

それぞれのポイントについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

✓好きな人・気になっている人がいる

最も多いのは、元カノに新たに好きな人や気になっている人がいるケースです。

あなたが元カノに気持ちが傾いているように、元カノも新しい人に夢中になっています。

そうなると、必然的にあなたへの対応や態度がそっけなくなります。

✓まだ気持ちの整理がついていない

まだあなたとの別れに対して気持ちの整理がついていないため、どう関わっていけばいいか戸惑っていることもあります。

そうなると、元カノ自身そっけなくしようと思っていなくても、冷たい態度やよそよそしい対応になってしまうことがあります。

✓プライベートや仕事が忙しい

元カノの態度がそっけなく感じる原因として、ただ単に「忙しい」だけということもよくあります。

プライベートや仕事が充実している女性こそ、このようなケースが多いです。

✓あなたのアプローチがしつこい

ご自身のアプローチがマイナスに働いて、元カノの態度をそっけなくしている可能性もあります。

つまり、あなたが元カノに対して未練があることを全面に出したり、しつこく連絡したりすると、対応がめんどくさくなって、態度が冷たくなるケースがあります。

そのため、身に覚えのある方は一度ご自身のアプローチを見直してみることが大切です。

✓「特別な存在」ではなくなっている

これは男性がよく誤解されているのですが、別れてしまったら元カノの態度が付き合っているときよりそっけなくなったり、冷たくなったりすることは当然です。

付き合っていたときは、あなたは「特別な存在」でしたが、別れてしまったらそのような存在ではなくなりますよね…。

そうなると、付き合っていたころよりそっけなくなってしまうのは仕方ありません…。

そのため、まずはこの点をしっかりと理解することも大切です。

✓あなたの未練を断ち切りたい

元カノに頻繁に連絡したり、話しかけたりすると、女性は「私にまだ気があるのかな?」と思います。

それに気づいた時に、元カノに復縁の意思がなければ、あなたに変な期待をさせないため、そして、あなたの未練を断ち切るためにもあえて冷たい態度やそっけない態度を取ることがあります。

この場合も一時的にアプローチをやめて、距離をおくほうがベターです。

✓別れたばかりで嫌悪感を抱いている

これはケンカ別れや円満な別れ方をできなかった方に多いパターンです。

ケンカ別れや積もり積もった不満が爆発して別れると、しばらくの間は相手の悪かった点やムカッとしたところばかりが印象に残り、「距離をおきたい」「連絡をとりたくない」と思う女性が多いです。

そのため、思い当たる節がある場合はわざと時間をおいたほうがいいです。

【まずは2ヶ月あけること!】
時間が元カノの気持ちを癒す。

ここまで、元カノの態度がそっけなくなったり、冷たくなったりする理由について見てきました。

今までとてもやさしかった元カノが急に冷たくなると、本当につらいですよね…。

お気持ちはわかります。

でも、その状態でやみくもにアプローチしても、復縁は遠のくばかり…。

元カノの態度がそっけない・冷たい理由は人それぞれですが、共通していることは、「元カノの心が嵐のように荒れている」ということ。

なので、嵐が通り過ぎるまでしっかりと待たなければなりません。

つまり、元カノと復縁するための最初のステップは、

「時間を置くこと」

です。

ありきたりな答えになりますが、大切なことです。

私も慌ててしまう性格なので、なかなか期間をあけて戦略的にアプローチすることができず、失敗をしてしまいました。

あのとき、このようにアドバイスしてくれる存在がいたら、復縁するまでに1年半もかからなかったと思います。

目安として「2ヶ月間」。

長いようで短いです。

【2ヶ月の間に自分磨き】
内面磨きを中心におこなうこと。

2ヶ月の時間をあけている間にあなたがやるべきこと、それは「自分磨き」です。

自分磨きというと外見をかっこよくすることを意識しがちですが、元カノをもう一度振り向かせるなら「内面磨き」の方が大切です。

内面磨きの見つけ方のコツは、元カノと付き合っていた時にスルーしてきた不満やケンカしたときの原因をしっかりと思い出すことです。

たとえば、

「会話が楽しくない!」

「お店とか決めてほしい」

「連絡がマメじゃない」

など元カノが言っていた不満はありませんでしたか?

それらを一つずつ思い出し、2ヶ月を活用して、しっかりと改善していくことが大切です。

私は現在970人以上から復縁相談を受けていますが、復縁できない方に共通すること、それは「自分を反省することができない」ということです。

謙虚に自分を反省し、改善点を見つけられるかが復縁できるかできないかの分かれ目になります。

【共通の友人がいれば力を借りる】
複数人で会うことも大切

復縁アプローチというと、ほとんどの場合、

①LINEなどのメッセージ

②会う約束をする

③告白

という流れを連想すると思います。

でも、意外と①と②が逆の方がスムーズにいくときもあります

ただ、共通の友人や職場が同じなど、特定の環境が整っている方にのみ当てはまるアプローチ方法です。

共通の友人がいる場合は、その友人を交えてグループで出かけたり、食事に行ったりすることが直接元カノと話しコミュニケーションを取るとその後のアプローチにつなげやすいです。

一方で職場が同じであれば、仕事関連の話しで積極的にコミュニケーションを取ることでその後のアプローチにつなげやすくなります。

そして、対面でしっかりとコミュニケーションを取れるようになってから、LINEやメールなどでこまめにやりとりして、デートに誘ったり、2人で会う約束をもちかけたりするとうまくいくケースが多いです。

【焦りは禁物!】
まずは友達の関係になること

復縁を願っている方が失敗してしまう一番の要因、それは「焦りすぎてしまうこと」。

復縁を目指している方で、元カノの態度が冷たい・そっけないと感じる方は、まず友達関係になることを目指してください。

私の場合は、一目惚れに近かったので、友達→恋人ではなく、他人→恋人という感じで友達期間がありませんでした。

でも、復縁アプローチのときに、初めて元恋人と友達関係になりました。

友達、というよりは友達以上恋人未満という感じで普通の友達よりは特別な存在でしたが…。

でも、友達関係に戻ったことでお互い付き合っていた時には言えなかった冗談なども言い合えるようになったり、相談し合ったりすることができました。

なので、「すぐに恋人関係になりたい!」というお気持ちは痛いほどわかりますが、その近道としても「友達関係に戻ること」を大切にしましょう。

【元カノがやさしくても注意!】
元カノがやさしくする3つの心理。

まずはしっかりと相手の気持ちを考え、理解することが大切です。

相手があなたに素っ気ない態度を取る理由としては、さまざまなことが考えられます。

しかし、そのうちの1つとして気まずさ(気持ちの整理)」「周りからの目などがあります。

この2つが原因で、あなたから話しかけられたり、連絡がきたりしても、相手は冷たい態度になってしまうことが多いのです。

そのため、基本的に別れてから、半年くらいは、連絡しても返信がこなかったり、素っ気ない態度をされることがほとんどです。

そのため、まずは、しばらくの間はこちらがアプローチをしても、冷たい態度で扱われることをしっかり理解しなくてはなりません。

これは辛いことですが、復縁を目指すほとんどの方が最初にぶつかる壁です。

そのため、自分だけが相手に冷たい態度をされていると考える必要はありません。

復縁を目指すほとんどが同じ経験を一度はします。

一方で、なかには別れてすぐあとでも、返信が丁寧だったり、いっしょに会ってくれたりする方がいます。

そのような方の場合、理由は以下の3つのどれかになります。

①あなたへの申し訳なさ・気遣い
②あなたへの気持ちが残っている
③都合の良い存在にしたい

①あなたへの「申し訳なさ」と「気遣い」

①の場合は、LINEで連絡したり、職場や学校で話しかけたりしたときは、優しく対応してくれますが、いざ2人で食事に誘うと断るなどのパターンが多いです。

これを読んでくださっている方の中には共感できる方もいると思います。

もちろん、すぐには無理ですが丁寧にアプローチしていけば、復縁の可能性は十分にあります。

②あなたへの気持ちが残っている

②の場合は、連絡などを相手からしてくれたり、2人で食事に誘っても来てくれたりすることが多いです。

このような場合は、復縁できる可能性が高いので、スピード勝負になります。

あまりモタモタしていると、相手の気持ちが変わってしまうので、はやめのアプローチが必要になります。

③都合の良い存在にしたい

最後に③の場合です。

このケースでは、おごってくれる男性やお願いを聞いてくれる男性としてのポジションに置かれることが多いです。

「大好きな元カノのためなら…」と思うかもしれませんが、それはよくありません。

そのようなポジションに一度なると、恋愛対象としては見られなくなります。

そのため、しっかりと「自分の芯」は持つようにしましょう。

【アプローチする前に確認!】
4つのポイントををチェック!

ここでは、元恋人からの態度が素っ気ないときのチェックポイントを紹介していきます。

今、元恋人にアプローチしているが、なかなかうまくいかなかったり、冷たい態度をされたりしている人は、ぜひチェックして、その原因を探ってみてください。

✓相手との冷却期間をしっかりとあけたか

まずは相手との冷却期間をあけたかをしっかりと確認してみてください。

別れてから1週間後に連絡していませんか?

もしくは1ヶ月後に連絡していませんか?

冷却期間は以下の2点の役割りがあります。

①自分を見つめ直す
②相手との気まずさを取り除く

そのため、しっかりと冷却期間をあけないと相手との気まずさを取り除くことはできません。

冷却期間は相手との別れ方によります。

相手としっかりと話し合って、良い状態で別れたなら、比較的短い冷却期間で済みます。

しかし、相手とケンカして別れたり、相手の信頼を失う別れ方をしたりした場合は、長い冷却期間をあける必要があります。

冷却期間の長さなどに関しては、以下の期間で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

https://fukuen-diary.com/2018/02/21/reikyakukikan-mikiwame/

✓好きな人・気になる人がいないか

当然のことながら、相手に好きな人がいたり、付き合っている人がいたりするのであれば、あなたへの対応は素っ気なくなります。

そのため、相手にそのような存在がいるかをしっかり確認する必要があります。

ちなみに相手の恋愛事情は復縁アプローチをする上でも必ず把握しておくことが大切です。

もし、LINEやSNSをブロックされていて相手の状況がわからないという人は、共通の友人、会社であれば同僚などに協力してもらいましょう。

また、共通の友人がいなくても、元カノに新しい彼氏や気になる人がいるかどうかを確認することは大切です。

復縁アプローチを成功させるためには、元カノの恋愛事情の把握は必須なので、まだ確認できていない方は以下の記事を読んで必ずチェックするようにしましょう。

【確認必須!】元カレ・元カノに新しい彼女・彼氏ができたかを確認する方法5選元カレ・元カノに新しい恋人がいるかどうかで復縁アプローチは大きく変わります。そのため、復縁を達成するためにも元恋人の恋愛事情を把握することは大切です。この記事では、元カレ・元カノに新しい恋人がいるかを確認するための5つの方法をご紹介します。...

✓相手の仕事などは忙しくないか

社会人であれば、当然相手には仕事があります。

仕事で忙しい時に連絡がくると、どうしても素っ気なくなってしまいます。

また、仕事によって相手が疲れている時も同様です。

そのため、相手が社会人の場合はしっかりとメッセージを送るタイミングなどは考えるようにしましょう。

例えば休日の夜に送ったりすると返ってきやすいかもしれません。

平日は仕事で忙しく、休日も日中は予定がある方が多いと思いますので…。

そのため、相手の仕事の状況にもしっかりと気を遣ってあげることが大切です。

✓意味のない連絡をしていないか

元恋人を別れてからも相手にその日の出来事などをメッセージで送ったり、電話したりする方がいます。

しかし、これは付き合っているときの特権に近いです。

そのため、この行為を別れてからも続けていては、相手に負担がかかります。

そのため、連絡をするときは、中身のある内容にしましょう。

【自分の心の在り方も大切。】
そっけなくされても不安に思わない。

最初にも述べたように、別れた後に連絡をしても相手から素っ気ない返信がきたり、無視されたりすることはよくあります。

しかし、それに対して悩んだり、不安に思ったりする必要はありません。

一番恐いのは、その不安や悩みが積み重なって、相手に重いメッセージを送ったり、投げやりなアプローチをしてしまうことです。

私自身、復縁を目指していた時、いくらこちらが努力してアプローチをしても、相手が振り向いてくれなかったので、投げやりになって

「今までありがとう!さようなら!幸せになってね!」
「もう一度付き合いたい。」

など、力技でアプローチして、復縁を遠のかせたことがあります。

このようなミスが重なって、私は復縁するのに1年半かかりました。

そのため、もし相手に連絡したり、話しかけたりしても反応が素っ気なかったら、一度連絡をやめてみることも大切です。

そうすることで、余計なメッセージなどを送ることは防げます。

このあたりは自分の性格と相談してやってみるようにしてください。

【相手の状況を常に考える】
夜中に相手に連絡はしない。

夜中に相手に連絡をすることは避けましょう。

理由は以下の2つです。

①相手に負担をかける
②夜はネガティブな気持ちになる

①に関しては、メッセージにしても電話にしても夜中に連絡すると相手を起こしたり、睡眠時間を削らせたりなど相手の体に負担をかけてしまうことが多いです。

②に関しては、夜はネガティブな気持ちになりやすいです。

そのため前にも述べたように、余計なメッセージを送ってしまったり、投げやりになってしまったりすることが多いです。

そのため、できれば夜中の連絡は避けたほうがよいです。

【しつこい連絡はNG!】
メッセージを送る前に深呼吸。

元カノの態度がそっけない・冷たいからといってそれに文句をいったり、あえてメッセージや連絡を頻繁にとるのは絶対NGです。

しっかりとメッセージを送る前に深呼吸してみてください。

「本当にこのメッセージは復縁するために必要なのか」

「復縁を遠のかせることにならないか」

は常に考えるようにしましょう。

復縁アプローチは引き算方式の考え方も大切です。

つまり、元カノにとって「-1」になるアプローチを日頃から繰り返すと、いつのまにか「-50」「-100」となり、手遅れになることも…。

なので、連絡をしつこく送ったり、頻繁に連絡を取ったりしないよう注意しましょう。

さいごに

ここまで、相手の態度がそっけなかったときの理由や対処法をお伝えしてきました。

復縁は、辛いことの方が多いため、なかなか続けられなかったり、すぐに結果を求めてしまったりする人が多いです。

しかし、復縁に焦りは禁物です。

そのため、相手の態度に不安を感じている人は、ぜひここまでお伝えしてきたことを実践してみてください。

みなさんの復縁がうまくいくことを祈っております。

また、現在、私は無料で復縁相談に乗っています。

※現在では970人以上になりました。
とてもありがたいです。

この相談室を始めたきっかけは、私が復縁を目指しているときに、応援してくれる人、支えてくれる人がいなかったことです。

ただの1人も。

家族や最も信頼していた友人にさえ、背中を押してくれる人はいませんでした。

私は孤独のなかで戦っていました。

何度も何度も心が折れそうになったけれど、それでも復縁することができました。

この辛い経験があるからこそ、私は復縁を目指している人とつながり、

「背中を押したい」

「ほんの少しでも支えになりたい」

と思って、「Rの復縁相談室」を始め、無料相談を受けてきました。

私の復縁経験をもとに、あなたの復縁のお力に少しでもなれたらと思っています。

私のように一人で抱え込まないでください。

もちろん、相談料などは一切必要ありません。

(初めは無料で、後から有料になるということも一切ありません。)

今回の記事を呼んで、「Rさんになら相談してもいいかな…」と少しでも思ってくださった方は、お気軽にご相談くださいね。

友だち追加

また、本気で復縁したいと考えている方は以下の記事も、ぜひ読んでみてくださいね。

私の1年半の復縁経験と
970人以上の相談者から明らかになった
“復縁できる人”
の3つの意外な共通点
【続きはこちら】