元カレとの復縁術

元カレとの復縁を成功させる秘訣は「対等」になること

元彼と復縁したいのであれば、ふられても「対等な関係」になることが大切です。

「惚れた弱み」「惚れた方が負け」などと言う言葉をよく耳にします。

特に復縁となると、なんとか彼にもう一度振り向いて欲しいがために、一生懸命相手に気をつかってしまう方もいると思います。

例えば会いたいと思ったとき、ちょうど彼が忙しい時期で会うのを断られたとします。

その際、
「忙しいのに誘ってごめんね。たいした用事じゃないから気にしないで。仕事がんばってね。」
ととても物分かりの良い返事をする女性がいます。

しかし,、かえってこのような態度が雰囲気を悪くする危険もあります。

実はこんな風に返信してしまうと、相手は余計に心が苦しくなり、嫌な気持ちになるのです。

この場合、彼はあなたとあいたくないから誘いを断ったのではなく、単に仕事が忙しくスケジュールが合わなかっただけかもしれません。

それなのに、あなたがあたかも彼があいたくないからと言うような解釈をして、その思いが現れてしまうメールを送ると、彼はとても残念な気持ちになります。

また、その重ぐるしい気持ちに対して投げやりになってしまい、あなたとのコンタクト取ること自体が負担になる危険があるのです。

これらを踏まえると、相手に食事を断られたり約束を断られたりしても、気軽に「そっか残念だね。また都合の良い時に誘うね!」と明るく伝えたほうがまだうまくいく可能性が高いです。

気を遣いすぎることはNG

気を遣うことはとても良いことです。

ただ気を使いすぎると相手の負担になってしまい逆効果になるということです。

「気を遣う」と言う表現よりも「下手に出すぎる」と言う表現の方が適切かもしれません。

相手に尽くしすぎても逆にほったらかしに過ぎても恋愛は長続きしません。

「ほどほど」が良いのです。

復縁においても同じようなことが言えます。

あなたがふられて別れてしまった時点であなたが下、彼が上という関係ができると、やはりうまくいかないです。

そのため、なるべく彼と友達のように割り切った関係に戻り、「対等」に振る舞うことが復縁の近道になります。

過度に「ごめん」と伝えるのはNG

対等というのは、別に「彼から連絡がない限り私も連絡しない」「彼から話しかけられないから、私も話しかけない」など相手と同じことをするという意味ではありません。

それでは復縁は絶対にうまくいきません。

そうではなく、対等と言うのは、「必要以上に下手に出ない」ということです。

彼が遊びを断ったり、約束を断ったりしたとしても、謝る必要はありません。

あなたからアプローチをして彼があまり乗り気でなければそこを深追いしなければ良い話です。

また、別れてから彼に対して「ごめんね」と言うことが多くなっていませんか?

必要以上に謝罪を連発する事は危険です。

今すぐ自分のLINEのメッセージや、会話したときの言葉を思い出してみてください。

その「ごめんね」を「ありがとう」に変えてください。

あなたは、ふられたとしても彼とあくまでも対等な立場です。

彼のことをよく考え、気を遣うことはもちろん大切です。

しかし、度が過ぎるとかえって,相手の負担になってしまいます。

そのため、ちょうどいい距離感でアプローチをしてみましょう。

また、現在、私は無料で復縁相談に乗っています。

※現在では970人以上になりました。
とてもありがたいです。

この相談室を始めたきっかけは、私が復縁を目指しているときに、応援してくれる人、支えてくれる人がいなかったことです。

ただの1人も。

家族や最も信頼していた友人にさえ、背中を押してくれる人はいませんでした。

私は孤独のなかで戦っていました。

何度も何度も心が折れそうになったけれど、それでも復縁することができました。

この辛い経験があるからこそ、私は復縁を目指している人とつながり、

「背中を押したい」

「ほんの少しでも支えになりたい」

と思って、「Rの復縁相談室」を始め、無料相談を受けてきました。

私の復縁経験をもとに、あなたの復縁のお力に少しでもなれたらと思っています。

私のように一人で抱え込まないでください。

もちろん、相談料などは一切必要ありません。

(初めは無料で、後から有料になるということも一切ありません。)

今回の記事を呼んで、「Rさんになら相談してもいいかな…」と少しでも思ってくださった方は、お気軽にご相談くださいね。

友だち追加

また、本気で復縁したいと考えている方は以下の記事も、ぜひ読んでみてくださいね。

私の1年半の復縁経験と
970人以上の相談者から明らかになった
“復縁できる人”
の3つの意外な共通点
【続きはこちら】