元カレとの復縁術

元カレにメール・LINEの返信をもらうには?

復縁を目指す上で、相手にメールを送ったりLINEを送ったりするのはとても重要なアプローチです。

しかし、別れた当初のほうに連絡をしても相手から返信が返ってこないというのはよくあることです。

さらには、時間がたっても返信が返ってこないというつらい思いをする方も多くいらっしゃいます

ここでは、返信を彼から受け取るために大切なポイントをご紹介していきます。

なかなか彼から返信が来ないと困っている方は、ぜひお読みください。

返信の送るメールとこないメール

おそらく、この悩みを持っている方は、彼から全く返信が来ない、もしくは返信があったりなかったり、という状態だと思います。

彼と顔を合わせる機会のある方は良いですが、会う機会がない方にとってはとても辛いと思います。

ここでは、彼にお会いする機会がなく、連絡手段はLINEか電話しかないという方にお話ししていきます。

まず復縁をしようと思った時に、LINEの存在はとても大切だと思います。

電話ほど相手の時間を拘束することもないので、気楽にメッセージを送ったりすることができますよね。

しかし、その気軽さゆえにポンポンとメッセージを送りすぎていませんか?

相手から返信のない状態でLINEを一方的に送ってしまうと、彼はどんどんめんどくさく感じて、最終的にはブロックしてしまう可能性もあります。

では、以下に返信が来ないLINEのポイントを上げていきます。

自分がLINEで送っているメッセージにいくつ当てはまるか数えてみてください。

●長々とメールを書いている
●彼を責めるような内容が含まれている
●反省や謝罪を述べている
●返信のしづらい内容になっている
(質問の意図がわからない、ただの報告になっている)
●特に返信の必要性を感じないないようになっている
(日記のようなメールの文面)
●返事の催促を促している
●メールを送る間隔が短い
●彼のことをあれこれ詮索するような内容になっている

これに多くあてはまっているメッセージほど、返信が少ないと考えてください。

元カレに返信を促すことは絶対NG

まず、彼が返信をくれないことを責めたり、別れたことをくどくど謝罪するような内容は絶対に避けて下さい

明るく、短く、彼が素直に返事を返せるようなLINEの内容が理想です。

「あと1週間」待ってください

次に大切なポイントがあります。

LINEを送って、彼から返信が来ない場合、つい「返事だけでもくれないかな」など、返信を催促してしまう女性が多いです。
しかし、返事をするしないを決めるのは彼です。

そして彼にもプライベートな時間や仕事などがあるのは当たり前ですよね。

そのため、メールを送って1週間程度我慢のできない方は注意してください

私に相談してくれる方も、あと1歩待つことができず、相手に催促のメッセージを送ってしまい、めんどくさがられるケースが多いです。

そのため、あなたも彼にメールを送ったなら、事がないなぁ。もう一回出してみようかな」と思ったところから、さらにもう1週間待ってみてください。

その間に彼から返信が来ることがあります。

返信を待つ側は、首を長くして待っているので、「もう1週間もメールがない…」と感じてしまいますが、彼のほうでは「たった1週間」という感覚だったりするものです。

「しっかりと1週間待ってみる」、これだけで相手から返信が来ることも多いのです。

共通の友人や趣味を話題にするのもおすすめ

自分のことを伝えてみても、彼のことを聞いてみても返信がない場合は、お互いに知っている人など、第三者の話を持ち出してみてください。

当たり障りのない話題であれば、彼も気軽に返信しやすいです。

復縁を考えたときに無関係な話題は意味がないように思えるかもしれませんが、まずはLINEを送りやって、あなたを彼の生活の1部として意識してもらうことが大切です。

そのために、まずはLINEのやりとり当たり前にすることが目標ですので、とりあえずは2人に関係する話題でなくても問題ありません。

何がきっかけで連絡を取りやすくなるからケースによって変わりますので、色々と試してからの反応を見てみてください。

ちなみに、私が相談に乗っている人は、共通の趣味やお互いに努力していることに関して弾むことも多いです。

また、現在、私は無料で復縁相談に乗っています。

※現在では970人以上になりました。
とてもありがたいです。

この相談室を始めたきっかけは、私が復縁を目指しているときに、応援してくれる人、支えてくれる人がいなかったことです。

ただの1人も。

家族や最も信頼していた友人にさえ、背中を押してくれる人はいませんでした。

私は孤独のなかで戦っていました。

何度も何度も心が折れそうになったけれど、それでも復縁することができました。

この辛い経験があるからこそ、私は復縁を目指している人とつながり、

「背中を押したい」

「ほんの少しでも支えになりたい」

と思って、「Rの復縁相談室」を始め、無料相談を受けてきました。

私の復縁経験をもとに、あなたの復縁のお力に少しでもなれたらと思っています。

私のように一人で抱え込まないでください。

もちろん、相談料などは一切必要ありません。

(初めは無料で、後から有料になるということも一切ありません。)

今回の記事を呼んで、「Rさんになら相談してもいいかな…」と少しでも思ってくださった方は、お気軽にご相談くださいね。

友だち追加

また、本気で復縁したいと考えている方は以下の記事も、ぜひ読んでみてくださいね。

私の1年半の復縁経験と
970人以上の相談者から明らかになった
“復縁できる人”
の3つの意外な共通点
【続きはこちら】