元カレとの復縁術

元彼を食事に誘ってOKがもらえないのはなんで!?

連絡はスムーズにいくのに、遊びや食事に誘うとうまくいかないという方も多いと思います。

たしかに、LINEのやりとりなどがよくあることはもちろんよいことです。

ただ、それだけでは会うことはできません。

そこで、ここでは彼を食事に誘ったらOKしてくれる方法をご紹介します。

まずは会ってもらえない理由を考えてみよう

LINEのやりとりが順調にできてくると、次は相手と会う段階に進みますね!

ところが、LINEでは楽しくやりとりできるのに、会う話はなぜか前に進まないという状況になる方も多いです。

これには、いくつか原因が考えられます。

私が相談にのってきた経験から、お誘いがうまくいかないのは以下のパターンに分類できます。

1.新しい彼女がいるため、ふたりで会うのはちょっと…

2.忙しくてなかなかスケジュール調整ができない

3.誘い方の問題でうまくいかない

では、それぞれの場合の対処法を見ていきましょう!

1.新しい彼女がいるため、ふたりで会うのはちょっと…

このケースの場合、まずは、あせらず彼とLINEや電話で親睦を深めていきましょう。

彼も彼女がいる身であなたに会うのは罪悪感があるのは間違いありません。

むしろ、罪悪感を感じない人のほうが少し疑ってしまうと思います。

逆に、そのように彼女に義理立てできる男性は誠実でステキだと思います。

そのくらい誠実な男性が、あなたとの連絡を拒まないのですから、あせる必要はまったくありません。

ゆっくりあなたのよさをアピールしていけば、彼の気持ちは動くと思います。

もしくは、ふたりきりでお会いすることにこだわらず、共通の友人達をさそってグループで会う約束をしてみるのもよいでしょう。

共通の友人がいる方は、ぜひお互いの知り合いをまじえて何か企画してみてください。

飲み会でもバーベキューでもなんでもかまいません。

ROUND1のスポッチャなどもおすすめです!

みんなで会うということであれば彼も気楽でしょうし、そこであなたがアピールをすれば、彼が受ける印象もよくなります!

2.忙しくてなかなかスケジュール調整ができない

このケーズの場合は、日程の提案方法を変えるだけで会えることが多いです。

あなたは誘うときに、とても曖昧な日程を提示していたり、代替案のない提示をしていたりしていませんか?

たとえば「今月中に会えない?」と聞くと、日程に幅がありすぎてかえって決めずらいです。

逆に「明日会えない?」などとピンポイントで日にちを指定しても、ほとんどの場合、忙しいため、むずかしいことが多いです。

そんなときは「今週か来週の土日、どちらか空いてない?」という感じでいくつか候補を挙げて選んでもらうとうまくいくことが多いです。

ある程度決まっているので彼も選びやすいですし、それでNOであればまた他の日程を提案をすればいいだけです。

3.誘い方の問題でうまくいかない

誘う上でいちばんむずかしいのがいこのケースです。

先ほどの日程の提案の仕方もそうですが、誘い方がうまくないことで、なんとなくかわされてしまう人が多くいます。

たとえばよく、「また今度」と言われたときに、落ち込んでしまい、「そうね。また今度」と終わってしまうケースがあります。

でも、これではいつまでたっても、彼と食事に行くことはできません。

できれば話を前に進めたいところなので、行く前提でどんどん話を進めてみましょう。

たとえば、

【あなた】
今月の週末どこかで飲みにでも行かない?

【相手】
ああ、いいね。じゃ、また今度ね。

【あなた】
やったー! あなたと飲むのって久々だよね(笑)。
私は今週以外なら空いてるよ。
あなたは?

【相手】
まだよくわからないなぁ。

【あなた】
じゃ、とりあえず来週にしておこう!
無理なら言ってね。

このように、軽いノリで話を進めてしまうと、案外スムーズに会えることも多いです。

もしくは、思い切って彼に突っ込んでみてもいいでしょう。

【あなた】
今月の週末どこかで飲みにでも行かない?

【相手】
ああ、いいね。じゃ、また今度ね。

【あなた】
なんか、いつもまた今度ね、じゃない(笑)。
忙しいから無理は言わないけどさ(笑)。
もしかして彼女に何を言われるとか?

【相手】
いや、そんなんじゃないよ

【あなた】
よかった。迷惑かけたくないから、ハッキリ言ってね。

彼がなぜ結論を先延ばしにするのか、このようにサクッと聞いてしまうことで不安がひとつ減らすことができます。

「もしかしたら、彼女がいるから?」「私と行きたくないから?」そんな不安を悶々と抱えているよりは、明るく冗談ぽく聞いてしまうほうがよいこともあります。

そのほうがかえってスッキリすることも多いです。

また、あなたが思っているほど、避けたいとか悪意があって先延ばしにしているのではないということがよくわかります。

そのため、変にネガティブにならなくても済みます。

相手がOKを出したらすぐに日程を提示すること

相手にどこか誘って、相手が「いいね!」という反応を見せたら、こちらがすかさず具体的な日にちを決めて誘ってしまってください!

日程の話が出なかったら、思い切ってこちらから「いつなら行けるの?」と聞いてみることも大切です。

彼女が知らない間にできている場合も…

別れてから数が月後に誘ってみると、彼から「やっぱ、ふたりきりは彼女に悪いし……」という話が突然出ることがあります。

きっとあなたは、ガーンとなってしまいますが、落ち込んでいる場合ではありません。

そのようなときは、明るく以下のようなメッセージを送ってあげましょう!

彼女できたんだ!!そんなふうに思いやれるところがあなたの優しさだ
よね。それは誘った私が悪かった(笑)。ちなみに、どんな人? 私の直感では年
上かと..。… (笑)

このような感じで「まったく気にしていない」と伝わるようにがんばってください。

サクッと頭を切り替えて、彼女の情報収集に徹したほうが今後のためになります。

もし、いきなり誘うのは勇気が出ないという方は、最初の一歩は社交辞令的なものでもかまいません。

たとえば「今度久々に飲みに行きたいね!」などと明るく伝えてみて、彼が「そうだね」と答えるようであれば、また日を改めてきちんと誘ってみるようにすると良いと思います!

ここで彼が「いや、そういうのはパス」などと答えるようであれば、まだ誘うには時期が早かったとわかります。

いずれにせよ、「かわされた」と感じてしまうのは、あなたが不安だからです。

でも実際は、彼はそこまで考えずに、なんとなく答えていることが多いです。

誘い方次第ではOKをくれることもあるので、ここまでお伝えしてきたことを意識して誘ってみてください。

この一歩が大きな一歩になると思います。

そして、必要以上にネガティブにならないようにしてください!

お誘いがうまくいくことを願っております。

また、現在、私は無料で復縁相談に乗っています。

※現在では970人以上になりました。
とてもありがたいです。

この相談室を始めたきっかけは、私が復縁を目指しているときに、応援してくれる人、支えてくれる人がいなかったことです。

ただの1人も。

家族や最も信頼していた友人にさえ、背中を押してくれる人はいませんでした。

私は孤独のなかで戦っていました。

何度も何度も心が折れそうになったけれど、それでも復縁することができました。

この辛い経験があるからこそ、私は復縁を目指している人とつながり、

「背中を押したい」

「ほんの少しでも支えになりたい」

と思って、「Rの復縁相談室」を始め、無料相談を受けてきました。

私の復縁経験をもとに、あなたの復縁のお力に少しでもなれたらと思っています。

私のように一人で抱え込まないでください。

もちろん、相談料などは一切必要ありません。

(初めは無料で、後から有料になるということも一切ありません。)

今回の記事を呼んで、「Rさんになら相談してもいいかな…」と少しでも思ってくださった方は、お気軽にご相談くださいね。

友だち追加

また、本気で復縁したいと考えている方は以下の記事も、ぜひ読んでみてくださいね。

私の1年半の復縁経験と
970人以上の相談者から明らかになった
“復縁できる人”
の3つの意外な共通点
【続きはこちら】